艶つや習慣プラス 首イボ若い 首イボ脇の下

 

 

 

首イボは、老人性イボと言われるぐらいなので、
歳を重ねている人にできそうなイメージですよね。

 

イボは、肌の新陳代謝が
下がっていたりするとできてしまいます。

 

 

若いときには

 

『新陳代謝も高いから大丈夫!』

 

 

と思いがちですが、そんなことはありません!

 

 

イボは20代でもできてしまうものなので、
若いうちからのスキンケアはもちろん大切です!

 

 

また、イボは脇の下にもできるって知っていましたか?

 

 

あまり人の目に付かないので、
気に留めていない方もいるかと思いますが、夏場などは実は見られていることも...

 

 

腕を上げたときに見えてしまっては恥ずかしいので、
首イボだけでなく脇の下のイボもケアしましょう!

 

 

 

 

なぜイボができてしまうの?

 

 

脇の下にも首イボと一緒のものができるなんて、驚きです!

 

できる種類としては、
アクロコルドンやスキンタッグと言われるもので、
広範囲に小さなブツブツとしたイボというのが特徴です。

 

 

主に、首イボと同じ原因が考えられますが、
脇の下のイボはもう1つ原因があります。

 

脇の下はエチケットとして、
制汗剤や汗拭きシートなどを使う方が多いと思います。

 

除菌効果はありますが、
保湿に必要な皮脂や脇の常在菌まで
取り除いてしまうので、肌がダメージを受けてしまいます!

 

 

その結果、首イボと一緒のものが脇の下にもできてしまうのです。

 

 

ニオイなどが気になってしまうところですが、
使いすぎないように気を付けましょう!

 

お風呂上り、
アロマオイルなどで保湿すると良いでしょう!

 

 

 

 

どのような予防方法があるの?

 

 

首イボも脇の下のイボですが、
できてしまう原因は明確には分かっていません。

 

考えられている原因は

 

 

・肌の代謝が下がる

 

・紫外線

 

・衣類などの摩擦

 

 

と言われています。

 

 

それぞれについて対策をまとめてみました!

 

 

 

・肌の代謝が下がる

 

肌の代謝は年齢と共に下がってしまいますので、
食い止めることはなかなか難しいかもしれません。

 

しかし、『規則正しい生活』『バランスの良い食事
』『肌の保湿』『老廃物を溜めない』『血のめぐりを良くする』

 

ことで肌は変わります!
普段の生活での心がけが大切です!

 

 

 

・紫外線

 

紫外線は年がら年中降り注いでいるので、
『日焼け止め』『日傘』『サングラス』などを使って対策する必要があります。

 

面倒ですが、
紫外線対策することで肌へのダメージを減らすことができます!

 

 

 

・衣類などの摩擦

 

 

衣類は毎日着るものなので、着ないわけにはいきません。

 

そのため、着る前に保湿クリームなどを
使って首周りにワンクッション作ってあげましょう。

 

そうすることで摩擦を軽減できます!

 

 

それぞれの対策をしてみて、
首イボや脇の下のイボをケアしましょう♪

 

首イボ専用の保湿クリームもあるので、
脇の下にも使ってみると良いです!

 

 

   

 

首専用保湿クリーム!